秋吉台自然動物公園 サファリランド

twitter

facebook

youtube

飼育員のブログ

■最新の記事




■最新の写真




●宝宝(バウバウ)おじいちゃん、ありがとう




まだ2歳。あどけない表情です。
20歳。パネルヒーターの上がお気に入りでした。
展示場横に献花台を置きました。1月いっぱい設置予定です。
2018年1月2日、おじいちゃんレッサーパンダの宝宝(バウバウ)が23歳5ヶ月で息を引き取りました。
レッサーパンダの寿命は大体15年程度と言われており、23歳といえば人間なら100歳越えの超ご長寿です。

1994年7月11日。
宝宝は岡山県の池田動物園にて誕生し、1995年9月27日当園に婿入り。
来園したさらに翌年には当園では初めての繁殖に成功し、その後6頭もの子供たちを残してくれた立派なお父さんでした。
現在、10頭という沢山のレッサーパンダを飼育しておりますが、その土台を作ってくれたのは宝宝だったと思います。

2016年には、現存する日本最高齢のレッサーパンダに認定され、大勢のお客様が宝宝に会いに来てくださるようになりました!
「元気をもらいました!」「頑張って長生きしてね」と温かいお言葉を頂くたびに宝宝が愛されていることを実感しました。
応援頂いた皆様本当にありがとうございました!

晩年には下半身が弱くなり、歩くのが困難になってきていましたが、前日まで放飼場に、自力で歩いて出勤し、大好きなリンゴも食べて、最後の最後まで生きようとする姿を一生懸命見せてくれました。

当園にレッサーパンダがやってきた当初から活躍してくれた長老さん。
そこにいることが当たり前だった、今ではからっぽの獣舎を見ると未だ寂しさが抜けませんが、長い間愛嬌を振りまいてくれ、サファリを盛り上げてくれたおじいちゃんには感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にお疲れ様。あとは若い子たちに任せてゆっくりおやすみ。たくさんの思い出をありがとう。

●
担当 田渕



●ブチハイエナデビュー〜




外に出る練習中!
たれ目と大きな耳がかわいい〜〜
リラックスして木で遊んでる!!
少し前まで暑い日が続いていましたが朝、夕は少し冷え込んできました。秋の気配を感じます。
今回は、肉食エリアの新入りをご紹介します!

今年の6月に岡山県の池田動物園からブチハイエナがやってきました!
名前は『みらい』今年の10月で1歳になる男の子です。
当園に来て、最初の1ヶ月は新しい環境や飼育員になかなか慣れず、飼育員もみらいも苦労しました。
しかし、来た当初から食欲は旺盛!今はチーターの半分程度の体の大きさですが鶏肉を骨ごとバリバリ食べる姿に「まだ1歳にもなってないのに!」と驚きました。
さすがは顎の力が強いハイエナ。隣の獣舎にいるチーターも驚いていたと思います(笑)

ハイエナはイヌに見た目が似ていますが、どちらかというとネコに近い動物・・・と聞いていましたが、人に慣れてきた姿をみるとなんだかイヌっぽい・・・(笑)
餌をくれる人(飼育員)について歩いたり、木の棒などを加えて遊んだり、水桶の水で遊んだり、という感情表現豊かなコミカルな動きが多く可愛らしいです。

サファリに来て3ヶ月目になると、みらいもだいぶ新しい環境に慣れてきたので、先日からエリアデビューに向けての練習を始めました。今は、毎日外に出ていますので、皆様もマイカーやエサやりバスからご覧いただけます。
活発に動き回る、可愛らしいみらいの姿をぜひ見に来てください!

●
担当:麻生



●Safari LandのNew faceたち




ルリコンゴウインコ。逆さになっても大丈夫。見事なバランス感覚。
緑とピンクのきれいなコントラスト。
エランド。シカのようですが、牛の仲間です!
実は、今年に入って、サファリランドには新しい動物たちがこそっとやってきています。

まずは、レストラン前駐車場でWelcome birdとしてご来園いただいた皆様をお迎えするのが、ルリコンゴウインコのニャー君とニコちゃん。4月から仲間入りしました。
「おしゃべりできるの?」とよく聞かれますが、残念ながら、おしゃべりはしてくれません…ただ、急に「ギャー」っと大きな声で鳴くのでびっくりしないで下さいね。
時々、逆さにぶら下がって落ちそうになって心配されますが、遊んでいるだけなのでご安心を。

草食エリアには、フラミンゴとエランドがやってきました。
この2種類、注意深く見てみないと見逃してしまうかもしれません。

フラミンゴは、インドサイ展示場の奥、岩山の前に居ます。緑の芭蕉の葉の間から見えるピンクのフラミンゴはとてもきれいです。置物のようにも見えますが、ちゃんと動いていますよ!

エランドは、草食エリアの中を自由に動いているので、探してみて下さい。
ウシのような体格で茶色い体に白いシマ、まっすぐ伸びた大きな角をもつ動物が居たらエランドです。まだ、1歳4か月の子供なので、大人になると、体はもう少し大きく、そして角はらせん状に伸びてきます。もっと存在感が出てくると思います。

新しい種類だけでなく、7月1日、6日にライオン、7月14日にレッサーパンダ、7月31日にシマウマと動物の赤ちゃんがぞくぞく生まれています。
今後も赤ちゃん情報、新着動物情報が出てくると思うので、見逃さないでくださいね!

●
営業部 荒瀬



●サファリランド40周年




開園当時の写真。サファリバスを待つ列が長く続いています。
レッサーパンダの優香。アイドル動物もたくさん話題になっています。
アフリカハゲコウのフライトは圧巻。感動しますよ!
秋吉台サファリランドが開園して、今年の7月21日で40周年を迎えました。

日本で3番目のサファリ形式の動物園として開園した当時、たくさんのお客様が来られて、閉園時間になっても車の列が無くならなかったので、夜まで時間延長したとか、いろいろ逸話を聞いています。また、過去の写真を見て、賑わいの様子や今と全く変わっている風景を見て、改めて40年の歴史を感じました。
この過去の写真は、レストハウス内で展示しているので、皆様もご覧いただけます。

40年、長いですよね〜。子供のころに遊びに来られて、自分に子供が出来て、久しぶりに遊びに来たという声もたくさん聞かれます。
私も、動物が大好きで子供の頃、よく遊びに連れて行ってもらっていたので、思い出がいっぱい!そんな大好きな思い出あふれる場所で働けていることに、とても感謝しています。

今では、動物を見るだけのサファリも、動物とふれあえるコーナーができ、イベントも増えて、より楽しめるようになってきています。
40周年を機会にというわけではありませんが、家族のかたや懐かしいお友達を誘って、サファリランドで、新しい思い出をこれから一緒に作っていきませんか?

●
営業部 荒瀬



●〜シロフクロウ登場〜




強い目力感じますか?
あの魔法使いの映画でも有名になった「シロフクロウ」がサファリランドにやってきました!
広島の安佐動物公園で生まれた女の子で名前は「エイト」ちゃん、まだピチピチの1歳です。

写真を見てシロフクロウなのに真っ白じゃないと思う方もいるかもしれませんが、実は、シロフクロウの女の子には黒い模様が入っているのです。
男の子は黒い模様が少ないか、もしくは真っ白です。
フクロウの仲間でもこんなに男女の差があるのは珍しいのです。

写真では伝えきれませんが、体もとっても大きくて。
なんとエイトちゃんの体重は1.7s(ちなみにメンフクロウのマル君は、約250g)、足も太くて爪も大きくてつかまれたら痛そうです。
目力も強くて 見つめられるとドキッとするかもしれません。

何とも迫力のある1歳児 これからがとっても楽しみです。
ただ今鳥コーナーで見ることができますよ。
いつかはフライトイベントへのデビューに期待をしています。
ぜひ会いに来てくださいね!

●
獣医師 大下


←前の記事を見る | 次の記事を見る→
秋吉台自然動物公園サファリランド
〒754-0302山口県美祢市美東町赤1212
TEL 08396-2-1000 FAX 08396-2-1005 MAIL safari@tanakahotelg.co.jp

Copyright(c)2006 TanakaKinzoku Co. Ltd. All Rights Reserved.

トップページ

ページの先頭