秋吉台自然動物公園 サファリランド

twitter

facebook

youtube

ホワイトライオンとホワイトタイガーって?

<ホワイトライオン>
※氷河期に生きていたライオンは、被毛が白色で保護色となっていました。そのときの遺伝子が今も受け継がれているものと考えられます。
体色は、産まれてすぐは、真っ白で大人になるにつれて薄いベージュになってきます。
日本では、約20頭が飼育されており、中四国九州では当園のみで飼育しています。

個体情報:姫路セントラルパーク・2011年6月20日産まれ(2012年6月に来園)
  ♂:シャイン     ♀:ルーモ
子供のころは、人工飼育されていたため、とても人懐っこく飼育員が側を通ると、檻に身体をすり寄せてきます。

子供のころのホワイトライオン                     左:シャイン、右:ルーモ

        






<ホワイトタイガー>
※アルビノとは違い、黄色の遺伝子が働かないことによって、被毛の黄色が白くなり黒の縞模様は残っています。元来、目や肉球は濃い茶色ですが、ホワイトタイガーは目はブルー、肉球はピンクです。

個体情報:2012年8月に2頭が来園、飼育しています。
 ♂ ロンド 2010年10月11日 北京サファリパーク産まれ
♀ ユキ  2011年2月4日  北京サファリパーク産まれ

♂:ロンド                         ♀:ユキ








※ホワイトライオンとホワイトタイガー、両方とも同じ白い動物ですが、見比べてみてください。
 時期によっては、エサやり体験もできます。
 
[更新日:2017年08月10日(木)]
 
秋吉台自然動物公園サファリランド
〒754-0302山口県美祢市美東町赤1212
TEL 08396-2-1000 FAX 08396-2-1005 MAIL safari@tanakahotelg.co.jp

Copyright(c)2006 TanakaKinzoku Co. Ltd. All Rights Reserved.

トップページ

ページの先頭